DC

企業型確定拠出年金(DC)とは

DC

企業型確定拠出年金
(DC)とは

企業型確定拠出年金とは、
社会保険に加入する中小企業から大手企業などが導入でき
社会保険料・所得税・住民税などの税コストの負担軽減や
経営者様や従業員様の老後を豊かに暮らして頂く為の資産運用などが行えます。 

企業型確定拠出年金とは、社会保険に加入する中小企業から大手企業などが導入でき、社会保険料・所得税・住民税などの税コストの負担軽減や、経営者様や従業員様の老後を豊かに暮らして頂く為の資産運用などが行えます。 

merit

5つのメリット

100%損金で
会社のお金で個人資産形成

拠出された掛金は個人の所得とならないので、100%損金で会社の経費として個人資産を形成することが可能です。

また掛金額は通常のiDeCoでは拠出限度額が月額23,000円なのに対し、企業型確定拠出年金では月額55,000円まで拠出することができ、そのすべての掛金が経費になることから、より効率良く老後資金を積み立てることができるのです。

運用益は非課税

通常、運用して得た利益には20%(所得税15%+住民税5%)が課税されます。しかし、企業型確定拠出年金では、この運用益に課税がされません。

つまり、一般の投資であれば税金として負担しなければいけない金額をそのまま運用資金に組み入れることができるようになり、効率的な運用を実現できます。運用益が出た場合、大きな複利効果が期待できるということです。

所得税・住民税が減税

企業型確定拠出年金は給与の一部から拠出するため、所得税や住民税を減税する効果もあります。

実際には銀行預金から企業型確定拠出年金に積み立てをしているだけにも関わらず、減税の効果も発揮するため、生活するだけで捻出しなければならない税金を抑えることができます。

経営者一人から導入可能

企業型確定拠出年金を導入するにあたり、必要な条件は厚生年金適応事業者がいることのみです。

つまり法人会社であれば、経営者一人からでも導入することができます。会社に利益が出ているなら、個人資産形成・減税効果のためにも導入することをオススメします。

福利厚生で人材確保に最適

社員の老後を守ってくれる制度なので、優秀な人材の受け入れには企業型確定拠出年金は欠かせない制度となりつつあります。

また中小企業への導入がまだまだ進んでいないため、企業型確定拠出年金を導入しているだけで採用時のアピールポイントになり、同時に既存社員には退職リスクの軽減にも繋がります。

いかがでしょうか?
企業型確定拠出年金には老後の資産形成だけなく
経費・運用益・減税・福利厚生などさまざまメリットがあります。
導入をすることが会社・ご自身どちらにも良い制度なのです。

merit

5つのメリット

会社

100%損金で
会社のお金で個人資産形成

拠出された掛金は個人の所得とならないので、100%損金で会社の経費として個人資産を形成することが可能です。また掛金額は通常のiDeCoでは拠出限度額が月額23,000円なのに対し、企業型確定拠出年金では月額55,000円まで拠出することができ、そのすべての掛金が経費になることから、より効率良く老後資金を積み立てることができるのです。

運用益は非課税

通常、運用して得た利益には20%(所得税15%+住民税5%)が課税されます。しかし、企業型確定拠出年金では、この運用益に課税がされません。
つまり、一般の投資であれば税金として負担しなければいけない金額をそのまま運用資金に組み入れることができるようになり、効率的な運用を実現できます。運用益が出た場合、大きな複利効果が期待できるということです。

運用益
住民税

所得税・住民税が減税

企業型確定拠出年金は給与の一部から拠出するため、所得税や住民税を減税する効果もあります。

実際には銀行預金から企業型確定拠出年金に積み立てをしているだけにも関わらず、減税の効果も発揮するため、生活するだけで捻出しなければならない税金を抑えることができます。

経営者一人から導入可能

企業型確定拠出年金を導入するにあたり、必要な条件は厚生年金適応事業者がいることのみです。

つまり法人会社であれば、経営者一人からでも導入することができます。会社に利益が出ているなら、個人資産形成・減税効果のためにも導入することをオススメします。

経営者1人から
人材確保

福利厚生で人材確保に最適

社員の老後を守ってくれる制度なので、優秀な人材の受け入れには企業型確定拠出年金は欠かせない制度となりつつあります。

また中小企業への導入がまだまだ進んでいないため、企業型確定拠出年金を導入しているだけで採用時のアピールポイントになり、同時に既存社員には退職リスクの軽減にも繋がります。

いかがでしょうか?
企業型確定拠出年金には老後の資産形成だけなく
経費・運用益・減税・福利厚生などさまざまメリットがあります。
導入をすることが会社・ご自身どちらにも良い制度なのです。

merit

5つのメリット

100%損金で会社の
お金で個人資産形成

拠出された掛金は個人の所得とならないので、100%損金で会社の経費として個人資産を形成することが可能です。

また掛金額は通常のiDeCoでは拠出限度額が月額23,000円なのに対し、企業型確定拠出年金では月額55,000円まで拠出することができ、そのすべての掛金が経費になることから、より効率良く老後資金を積み立てることができるのです。

運用益は非課税

通常、運用して得た利益には20%(所得税15%+住民税5%)が課税されます。しかし、企業型確定拠出年金では、この運用益に課税がされません。

つまり、一般の投資であれば税金として負担しなければいけない金額をそのまま運用資金に組み入れることができるようになり、効率的な運用を実現できます。運用益が出た場合、大きな複利効果が期待できるということです。

所得税・住民税が減税

企業型確定拠出年金は給与の一部から拠出するため、所得税や住民税を減税する効果もあります。

実際には銀行預金から企業型確定拠出年金に積み立てをしているだけにも関わらず、減税の効果も発揮するため、生活するだけで捻出しなければならない税金を抑えることができます。

経営者一人から導入可能

企業型確定拠出年金を導入するにあたり、必要な条件は厚生年金適応事業者がいることのみです。

つまり法人会社であれば、経営者一人からでも導入することができます。会社に利益が出ているなら、個人資産形成・減税効果のためにも導入することをオススメします。

福利厚生で人材確保に最適

社員の老後を守ってくれる制度なので、優秀な人材の受け入れには企業型確定拠出年金は欠かせない制度となりつつあります。

また中小企業への導入がまだまだ進んでいないため、企業型確定拠出年金を導入しているだけで採用時のアピールポイントになり、同時に既存社員には退職リスクの軽減にも繋がります。

いかがでしょうか?
企業型確定拠出年金には老後の資産形成だけなく、経費・運用益・減税・福利厚生などさまざまメリットがあります。
導入をすることが会社・ご自身どちらにも良い制度なのです。

simulation

シミュレーション

企業型確定拠出年金の税効果

年間

20年間

健康保険の減税

2,979円

35,748円

71,680円

所得税の減税

9,392円

112,700円

2,254,000円

住民税の減税

4,600円

55,200円

1,104,000円

税効果

16,971円

203,652円

4,073,040円

運用益

79,983円

959,800円

19,196,000円

運用益は年率8%で計算した場合

image

イメージ

法人から経費として
5,5万円を毎月積み立て

(損金66万円計上)

SBIベネフィットシステムによる
資産形成を行う

数年後に資産が増えて
13万円が返ってくる

※100%増える訳ではございません
※利回りは8%で計算しておりますので参考程度でご理解ください

Human resources

福利厚生として人材確保

人材採用

求人票に
退職金制度ありと記載できる

中途採用

iDeCO・DC加入者の
移管可能

既存社員

60歳まで引き落とし出来ないので
退職リスクの軽減

確定拠出年金1万2000人の意識調査について

この意識調査は2021年5月にオンライン形式で行った
全体で1万2520人が参加した内訳が以下の通り。

調査対象者全体

若者

(20〜38歳)

中堅

(39〜54歳)

高齢

(55歳以上)

全体(年収未回答者含む)

4,993

5,824

1,703

年収500万円以下

3,267

3,331

954

年収500〜900万円

867

1,284

338

年収900万円超

186

472

203

このうち確定拠出年金(DC)の加入者は以下のとおり

調査対象者全体

若者

(20〜38歳)

中堅

(39〜54歳)

高齢

(55歳以上)

全体(年収未回答者含む)

1,303

1,341

396

年収500万円以下

690

407

113

年収500〜900万円

443

571

141

年収900万円超

116

293

109

若者・中堅の約24%が確定拠出年金(DC)に加入中
福利厚生としての企業型DCのニーズが伺える

経営者・従業員、両方の視点から見ても素晴らしい制度
それが企業型確定拠出年金なのです。

導入の流れ

とても素晴らしい制度となる企業型確定拠出年金ですが、この制度の導入を手続きできる事業者が非常に少ないことがネックとなっています。
企業型確定拠出年相談センターでは、そんな導入したいのにお困りの企業様がスピィーディーかつ円滑に手続きができるようにサポートいたします。

DCから導入の流れ_タブ

導入の流れ

とても素晴らしい制度となる企業型確定拠出年金ですが、この制度の導入を手続きできる事業者が非常に少ないことがネックとなっています。
企業型確定拠出年相談センターでは、そんな導入したいのにお困りの企業様がスピィーディーかつ円滑に手続きができるようにサポートいたします。

simulation

シミュレーション

企業型確定拠出年金の税効果

年間

20年間

健康保険の減税

2,979円

35,748円

71,680円

所得税の減税

9,392円

112,700円

2,254,000円

住民税の減税

4,600円

55,200円

1,104,000円

税効果

16,971円

203,652円

4,073,040円

運用益

79,983円

959,800円

19,196,000円

運用益は年率8%で計算した場合

image

イメージ

法人から経費として
5,5万円を毎月積み立て

(損金66万円計上)

SBIベネフィットシステムによる
資産形成を行う

数年後に資産が増えて
13万円が返ってくる

※100%増える訳ではございません
※利回りは8%で計算しておりますので
 参考程度でご理解ください

Human resources

福利厚生として
人材確保

人材採用

求人票に
退職金制度ありと記載できる

中途採用

iDeCO・DC加入者の
移管可能

既存社員

60歳まで引き落とし出来ないので
退職リスクの軽減

確定拠出年金1万2000人の
意識調査について

この意識調査は2021年5月にオンライン形式で行った、全体で1万2520人が参加した内訳が以下の通り。

調査対象者
全体

若者

(20〜38歳)

若者

(20〜38歳)

若者

(20〜38歳)

全体
(未回収含む)

4,993

5,824

1,703

年収500万
以下

3,265

3,331

954

年収500〜
900万

867

1,284

338

年収900万
以上

186

472

203

このうち確定拠出年金(DC)の加入者は以下のとおり

調査対象者
全体

若者

(20〜38歳)

若者

(20〜38歳)

若者

(20〜38歳)

全体
(未回収含む)

1303

1,341

396

年収500万
以下

690

407

113

年収500〜
900万

443

571

141

年収900万
以上

116

293

109

若者・中堅の約24%が
確定拠出年金(DC)に加入中
福利厚生としての企業型DCの
ニーズが伺える

経営者・従業員、両方の視点から見ても素晴らしい制度、それが企業型確定拠出年金なのです。

導入の流れ

とても素晴らしい制度となる企業型確定拠出年金ですが、この制度の導入を手続きできる事業者が非常に少ないことがネックとなっています。
企業型確定拠出年相談センターでは、そんな導入したいのにお困りの企業様がスピィーディーかつ円滑に手続きができるようにサポートいたします。

contact

お問い合わせ

Tel.03-3983-0401

パソコンを準備してお電話ください


受付営業時間:10:00〜18:00(土日祝休)

toiawase@dc-sodan.jp

商談希望日時をメールで送付 

希望日時になりましたら
営業担当からご連絡 差し上げます。 

営業担当に繋がり
そのままパソコン経由でWEB説明

ベルフェイスを利用しておりますので、アプリのダウンロードは不要。
ネットの繋がった環境でお待ちいただければ、パソコンを通してご説明いたします。画面を通して分かり易く安心して企業型確定拠出年金の制度をご理解いただけます。

contact

お問い合わせ

Tel.03-3983-0401

パソコンを準備してお電話ください


受付営業時間:10:00〜18:00(土日祝休)

toiawase@dc-sodan.jp

商談希望日時をメールで送付 

希望日時になりましたら
営業担当からご連絡 差し上げます。 

営業担当に繋がり
そのままパソコン経由でWEB説明

ベルフェイスを利用しておりますので、アプリのダウンロードは不要。
ネットの繋がった環境でお待ちいただければ、パソコンを通してご説明いたします。画面を通して分かり易く安心して企業型確定拠出年金の制度をご理解いただけます。